読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽。日常。ビール。2

好きな音楽や興味関心のあることについてだけ。

6/13(土)まじ娘@キネマ倶楽部

まじ娘ちゃんの記念すべき初・ワンマンライブ。

ストレイテナーのホリエさんがゲストで出演するということで、ホリエさん提供曲とそれに乗っかるまじ娘ちゃんの歌声に惹かれ、好奇心からチケットを探したんだけど、ちゃんと新しいアルバムの曲を聴いてみたところどんどんまじ娘ちゃんのことが気になって、かなり楽しみにしていたライブ。

 

意外にもキネマ倶楽部に来たのは初めてだったのだけど、立地はさておき雰囲気のある素敵な会場。二階へのらせん階段(だったような、、?)に味がある。

ステージはそこそこ高めで横長のため後ろにいてもわりと見やすい。

 

記憶が曖昧な部分もあるのだけど、ギター二人に鍵盤、ベース、ドラム、ボーカルまじ娘ちゃんの6人編成だったかな。ドラムがLITEの山本さんでベースが元woodered chiarieのゆたちんこと小野寺さん。VJは全編通してなかったかと(おぼろげ)。

 

最初はブルー系の民族風なアジアンテイスト衣装で出てきたまじ娘ちゃん。タイパンツっぽいボトムだったはず。

どの曲だか忘れたけど(ごめんなさい)横顔をこちらに見せながら歌う姿がとても美しかった。曲によって静かに歌ったり激しく歌ったり、目まぐるしく雰囲気が変わるので目が離せない。

アストロノーツのアウトロを何分も引っ張って、まじ娘ちゃんだけ一度引っ込んで衣装チェンジ。ベージュ系のワンピースだったかな。雰囲気がまたがらっと変わって少しメルヘンな感じ。

羊水の記憶を歌ったらコラボタイム。

みきとさんと一緒にまずは福寿草。一緒にライブを観た方から話には聴いていたけども、ごく普通のそのへんいいるおじ、、お兄さんでびっくり。

世田谷ナイトサファリはトリプルギターでめちゃくちゃアガる。盛り上がりがすごかった。まじ娘ちゃんの煽り気味な身振り手振り、歌い方、かっこいいなー。

アマデウスはみきとさんとホリエさんのダブルコラボ。彗星のパレードはホリエさんのギター入り(コーラスはなかた気がする)。

改めて、アマデウスを歌ったのがまじ娘ちゃんで良かったなと思った。歌のうまいボーカリストは数多くいるだろうけど、曲の魅力を存分に引き出してくれて、やっぱりホリエさんが歌ったとしたらこういう雰囲気を出すのだろうなと私の考えるところに行き着いてる気がして。

彗星のパレードはその後ネット上にも上がっていないしどんな曲かぼんやりとしか覚えていないけど、夜っぽくて涼しげな曲だった印象だけは残っている。寒い時期にリリースが決まって嬉しいな。

 

それから切なさ満点の曲たちをまたアツく歌ってくれて、アンコールにも応えてくれて終了。本編終わりの心做しの鬼気迫る歌は身じろぎすることも許されないようで、胸が苦しくなって涙がボロボロ止まらなくなった。本当にいい歌い方をする人だな。

 

●セットリスト●

01 end

02 ペテン師が笑う頃に

03 グロウフライ

04 アイロニー

05 独りんぼエンヴィー

06 近未来脳科学者

07 アストロノーツ

08 さよならミッドナイト

09 羊水の記憶

10 福寿草 w)みきとP

11 世田谷ナイトサファリ w)みきとP

12 アマデウス w)みきとP,ホリエアツシ

13 彗星のパレード w)ホリエアツシ

14 回らないトゥーシューズ

15 ローレライ

16 心做し

EN

01 September

02 ラストトレイン

 

私は歌い手という文化もボーカロイドという文化もいまいちよく知らなくて、わかろうという努力もしていないんだけど、どの畑であっても素晴らしいものはちゃんとあって、それに気づけるかどうかなんだろうな。

まじ娘ちゃんの歌声・歌い方はパワーがみなぎっていてもちろん魅力的なのだけど、彼女の作る曲もなかなか引っ掛かるところがあるので、もっと追ってみたい。もっと多くの人に伝わるチャンスが巡ってくるよう願ってます。