読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽。日常。ビール。2

好きな音楽や興味関心のあることについてだけ。

4/27(月)米津玄師 2015 TOUR 花ゆり落ちる@渋谷O-EAST

ファイナルのほうが強烈に印象に残っているのでそちらを多めに書くゆえ、こちらは控えめに、、。

 

米津君の東京初日、びっくりするくらい仙台公演からの成長が見られてそれだけでもう嬉しすぎた。

米津君が煽るんだもの。え?こういうこともできちゃうんだって。笑 もっとクールにやり切りたいのかと思ってたので少しびっくり。でも、あのすらっとした大きな手足を使ってそんなんされたら、そりゃあ様になりますって。

 

歌詞が飛ぶのは相変わらずだったけれど、勢いが俄然あったし、勢いに任せすぎてるわけでもなく、演奏はバンドとしてまとまりのあるものになってきていたし、感動しちゃった。

 

この日は二階での鑑賞もOKが出たため機材後方で熱風?に耐えながら観たんだけど、ステージの4人ともがじっくり見られてすごくいい景色が見られた。

米津君以外の3人はアイコンタクトも多くてすごく支えてる感じがあって良いなと。

仙台公演の時には気付けなかったんだけど、『花に嵐』のときのサビギター、ぴろぴろって!中島君のライトハンド!!!

技術的に難しいことではないのだろうけど、画的にライトハンドは良いなと思うのよね。他の曲じゃ見れないので釘づけでしたよ。

それから、中島君はアンコールの『懺悔の街』の時だったかな?コーラスを一生懸命歌ってる姿が微笑ましかった。笑

中島君にもっと余裕が生まれたらさらに米津バンドは観る側として楽しめるかなーなんて。

 

セットリストは仙台から変動なしだったけれど、見違えるようなライブだったので楽しめた。ひとつひとつの曲の完成度が上がっていくところを自分で体感できるのはしあわせなことだね。