読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽。日常。ビール。2

好きな音楽や興味関心のあることについてだけ。

4/19(日)よしむらひらくソロワンマン@西荻窪ワンデルング

まだ少し気持ちを引きずっているし思い出すとウルウルしそうになるんだけど、ちゃんと思ったことだけでも書いておこうかと。

 

会場は西荻窪駅から歩いて1分もかからないくらいの駅からすぐそこの喫茶店。

そこの2階を使ってのライブだったのだけど、狭すぎる…。

屋根裏のような場所で、10人入れるのも大丈夫なのか疑いたくなるくらい(お客さんはぴったり10人入れてました)。

これだけ狭いとご本人との距離も近いし緊張するし泣きたくなっても泣けないし、、と始まるまで暗い気持ちだったんだけど(笑)、無理して行ってよかった。ひいき目はあるだろうけど、とてもいいライブだったと思う。

リクエストワンマンということで、お客さんから予めリクエストされた曲中心のセットリスト。特に休憩後の十数曲がリクエストのよう。

マイクを通して基本的には歌うんだけど、たまにマイクを通さずに歌うところにビクっとしたり、なにこのビブラートってくらい、心の柔らかいところをつつく歌い方をしたりで困ってしまった。

前半は決壊だとか、井の頭だとかが力強いギター含めて良かったかな。

あまりこの方にエネルギーを感じない(というかいい意味で脱力感を持ってらっしゃると思ってる)んだけど、この日はエネルギーを強く感じる曲が幾つもあって、そのパワーにやられた。歌うの好きなんだろうなと、当たり前だけどそんなことを思って。

 

後半はふだんほとんど聴けないんじゃないかという曲がてんこもり。

みんなコアなリクエストばかりで、嬉しくなってイントロで変な声がこぼれそうになる。

「これ誰の曲?」という具合によしむらさんがおどけて話したり、途中で歌詞が飛んだり。

バンドでしかやらないような曲をリクエストするつわものも多く。笑

雨の国、春の呼吸、つきのうみ、花咲く季節、バースデイ、ジュテーム…

このあたりが特に嬉しかった。

春めいた曲がたくさん演奏されて嬉しかったんだけど、吉村さんの歌う春の歌は出会いへの喜びなんてものとは違って、もっと何かこう切なさを感じさせるものが多くて、そういうところが好きだなと改めて思った。

春の呼吸の歌声はずるいよ。

新しく出た音源の『ときめきのメモリアル2』に、古い曲ながらも新緑が入っていて、その出来が素晴らしいんです。

年を重ねることは悪くないなと思えるし、こうやって歌うことをよしむらさんが続けていることをありがたがらずにいられようかと!もう!本当に好きなの。

脱線しすぎなのでセットリストを。

 

●セットリスト●

01 春のからっ風(泉谷しげるカバー)
02 夜風に吹かれて
03 決壊
04 ワールウィンド/恋は瞬間
05 緩やかな奇跡
06 夜に間に合うか
07 untitled(sayonara)
08 井の頭
09 真夏の嵐
10 春

<休憩>

11 再会
12 つつじヶ丘
13 雨の国
14 春の呼吸
15 つきのうみ
16 狐の嫁入 り
17 忘れていた
18 真夜中には音楽を
19 untouchable
20 花咲く季節
21 バースデイ
22 サチの夢
23 ジュテーム
24 海の見える街

 

この日は他のファンの方ともご本人ともなかなか普段できないような話をなぜかしてしまったのだけど、それは心の中にしまっておいた方がいいのかも。

それにしても、今のよしむらさんの歌声、とても良いです。好きです。

もっと多くの人の耳に入る機会に恵まれてほしい。