読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽。日常。ビール。2

好きな音楽や興味関心のあることについてだけ。

10/5(日)よしむらひらく等@六本木super deluxe

music

ルロウズ企画のバントが6つほど出る、そのどれも面白そうなとてもいいイベント。
トリまで観るのは無理だと知りながらも、最初の三つに特別目当てにしていた人たちが集まったため観に行くことに。

初めてスーデラへは行ったんだけど、なんとも不思議なハコ。ステージは低く、バーカウンターがそこそこ広めで、横長だけど見やすくはない。あんまり好きじゃないかも。

トップバッターは吉田ヨウヘイgroup。
6曲くらい演奏したかな。
楽しく観れたけどももうちょっと華やかさがあったらいいのにななんて余計なことを思ったり。私がCDを持たない、おそらくEPか何かの曲も良かった。
そして下手で見たら、地味だけどメロディー寄りなベースがお気に入りかもしれないことを発見した。
西田さんのギターはもちろん好き。ヘンなズボンなとこが気になるけど(笑)、無表情ながらも本人が楽しんで弾いてると伝わるギターの音色、好き。
ひょろひょろなボーカルにか弱いコーラスがなんでこんなにしっくりくるのかまだよくわからない。うーん。もっと観たい。


二番手がよしむらひらくバンド。
演奏時間がめちゃくちゃ短くて「次で最後です」と言われたときのガッカリ感の大きいこと!
演奏は良かったし、よしむら氏の表情がそこそこ(笑)イキイキしててびっくりしていたんだけど。
一番最後に演奏した「春」がばっちりキマっていて、この一曲が聴けただけで演奏時間の短さはどうでもよくなっちゃった。どうでもよくはないけど。
その時々で雰囲気が変わるし曲の光り方も違ってくるし、不思議な人。もっと長い尺で土日にやってくれないかなぁ。


そしてその次がfresh!
やたら伊東ギャルが下手に張り付いてたのが印象深い。と言っても全体的にお客さんがかぶりつきで観てる感じはあったのだけど。
意味わかんないけど、それでもかっこいいことは伝わるんだよね。
難しいことばかりやられると辟易することもあるけと、彼らの演奏は観ていて楽しい!笑わずにはいられない。
ドラムの秋山さんはどんな音感を持ってるんだよ、と。
四曲ほどやったはずだけど、CDを持っているけど、原曲を留めていないにもほどがあるのでよくわからず。


この日はここで退散。もっと他のバンドも観たかった。