読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽。日常。ビール。2

好きな音楽や興味関心のあることについてだけ。

【二日目】8/16(土)RISING SUN ROCK FESTIVAL2014@石狩

ライジングサン二日目日記~

 

観たものをざーっと

・fula@def garage

ライジングスターのフラ。東京のバンドなんだね。

試聴した段階で「おおー」って思っていたけどライブはさらに良かった~。

メンバーの個が立っていてとてもステージ映えしていたのが印象的だった。

ボーカルがあずにゃんTシャツだったような…?

 

・ザ・チャレンジ@def garage

こちらも初めてのザチャレ!

期待以上に面白かったー!あの振りの多さ。笑

簡単だけど恥ずかしくて踊れなかった…。次回こそは。

ボーカルが三人いるみたいだけど、左で歌っているギターさんがとてもいい声!

彼に見とれてばかりで終わった。笑

(調べてみたところバタフライ~のボーカルさんとのことで驚き!あんな声だったっけ?なぜ以前聴いたときに引っ掛からなかったのか不思議。)

 

ゲスの極み乙女。@EARTH TENT

こんな人だかり見たことがないってくらいの溢れる人、人、人。

もちろん私も外から音だけ聴いた。これだけじゃよくわかんないなー。

盛り上がってるのはわかったけれど、改めてどこかで観たい。

 

・TarO&JirO@RED STAR CAFE

この日とても楽しみにしていたたろあんどじろ!

なんでこんなにお客さん少ないのか意味が分からないよ。

って、ぼやきたくもなるくらい演奏はバキバキ!かっこいいー!

肉体美だし(笑)二人で向き合いながら弾くギターは見ていて楽しいし!

人力でこんなことができるのかって感動した。

また観たいな。ちゃんとCDも聴いてみなくちゃ。面白い人たち。

 

SPECIAL OTHERS@RED STAR FIELD

何年ぶりかに観たスペアザは私の知った曲をほとんどやらなくて少し悲しかった。

天気が良すぎてくらくらしながら眺めていたのであまり印象に残らず…。

でも人がすごかったのは覚えてる。

 

Predawn@RAINBOW SHANGRI-LA

こちらもお久しぶりのみわこちゃん。

相変わらず眠くなるような天使の歌声に繊細なギターの音色。

あのステージにはちょっと似つかわしくない気もしたけれど、バックの不思議な紋様?もMCに取り入れて笑いを誘ってくれました。笑

あんなにかわいいのにMCがへたくそすぎて笑えるんだよなー。

でも、彼女のおかげで疲れた身体をクールダウンさせてもらえた。

 

テスラは泣かない。@def garage

ライジングでバインはマストだって、何年も思っていたのに、テスラが同じ時間帯に来ちゃったもんだから、泣く泣くそちらを諦めテスラの勇姿をしかと目に焼き付けましたよ。テスラの初ライジングはこれっきりだと思ったらもうこっちしか選択肢はなくてね。

テスラのステージはたくさんの人がテント内を埋め尽くしていて、それでも堂々としたパフォーマンスで四人が盛り上げていて、今までの一回りも二回りも大きく見えて、もう、かっこよすぎー!!!

ボーカルの村上さんが、ライジングに出るのはバンドを始めた頃からの憧れだったと話していて、あんな遠い地からこんな舞台に立てるようになって~みたいなことを喋ったときには思わず泣きそうになった。

本当にすごいことだと思うよ。良かったなぁ。嬉しかったろうな。私も勝手に嬉しくなった。

なかなかライブを観に行けていなくて申し訳ないけれど、私の知らないうちにどんどん大きくなっていくのかもね。

テスラもそれぞれに個性があって、そのバランスが絶妙で、本当に魅力的なバンド。

次にライジングに出るときはもっと大きなステージでお願いしますよ。

 

9mm Parabellum Bullet@SUN STAGE

観るつもりじゃなかったのにタイミングが合ってしまって、と書くとだいぶ消極的だけど、前回観たときのライジングがトラウマで観るのをためらっていて。

でも、観てみたらやっぱりかっこいい9mmだった。

最近の曲も悪くないね。卓郎の声が本当に伸びやかになってる。

最後はパニッシュメントだったかな?すごーく嬉しかった…。泣

 

・BEGIN@RED STAR FIELD

曲は全然知らないけれど、ミーハーなので観に行っちゃう。最後の二曲で私みたいなお客さんが湧いて、踊って、ニコニコして。その姿を見るのがわりと好きだったりする。誰もが知る曲があるバンドってそれだけでかっこいいな、と毎回しみじみ思うわけです。

 

sleepy.ab@RAINBOW SHANGRI-LA

前日の成山内が良すぎたため、これはもう行くしかないよねってことでこちらを観に。この日のセットはあまり成山内と被りはなくて、眠らせるというよりも深みに潜り込ませていくような、不思議な重さのあるステージだった。

伝えづらいけど、ダークさいっぱいの、スリーピーの毒の部分をうまく表現したステージ。後方で動く何か(名前を忘れた。笑 VJみたいな…)も、シンプルだけど良かった。

ライジングでスリーピーの持つ多面的な部分をばっちり拝めていることの幸せさよ…。呼んでくれてありがとうウェスさん~と言いたい気持ちで溢れるわー。はー。

 

・Caravan@TAIRA-CREW

眠気がひどかったので仮眠を取ろうとタイラクルーへふらっと寄ってみたところ、Caravanがちょうどライブをやっていた。

彼のことはよく知らないんだけれど、これが良くって。

落ち着いた彼の声が眠気を誘うかと思いきや、寝かせてくれず。

惚けながら干し草のベッドでゴロゴロ。なんて贅沢。

 

安藤裕子@RED STAR CAFE

こんなに人が集まると思っていなかったと話すねえやん。

いやいや、そんなわけあるまい!と突っ込みたくなるよ。笑

ギター氏とねえやんとの二人編成だったかな。

一曲目が、まさかまさかの手を休めてガラス玉。

本当に想定外すぎて、嬉しすぎて、夜の闇の中でのこの曲、最高だった

。ディープすぎるよう(泣

のうぜんかつらのリプライズも楽しいし、最後に歌ったせかいを変えるつもりはない、はもう、力強くて逞しくて泣けてくるわ。

バンド編成も大好きだけど、この人の歌の力をより一層信じてみたくなるのはこういうアコースティックな編成だな、と私は思う。

短かったけれど、素晴らしいステージだったよ。

来年はもっと長い尺でやってほしい。

 

・山内総一郎IN THE MIDNIGHT HOURS@BOHEMIAN GARDEN

山内氏がソロで歌うとのことだったので、迷いながらも観に行った。

最近の曲多めでカバーをやったりも。

ていうか、フジファブリックってアニメタイアップが多いなと今更思った。

CDを買わなくなって久しいけれど、この日演奏した曲のほとんどを知ってたんだよ。

アコースティックギターを弾いていて、そのギターがボーカリストらしくなくて、笑っちゃう。ああこの人はギタリストなんだなと。

近くで観ていなかったものだから、表情なんかはわからなかったけれど、肩の力の抜けた演奏で、声は通ってるもののギターの音が楽しそうに鳴ってることにばかり集中しちゃった。楽しそうに立っていたんだろうな。

 

山下達郎@RED STAR FIELD

最後に演奏していたさよなら夏の日だけ聴けたよー!途中からだけども!

ほんの少しでも御大のお声とギターを聴けて嬉しかったー!

来年も出る発言があったらしいけれど、来年こそはアタマから終わりまで観れるといいな。

 

サカナクション@SUN STAGE

長いこと観ていなかったサカナクションがどれだけ凄まじい演奏をしてくれるんだろうとドキドキしながら眠気と戦い観に行った。

ヒット曲のオンパレードで何万人もを沸かせちゃうことに期待をしすぎていたため、エレクトロに寄りまくりの玄人向けセットで攻められて、正直ショックが大きすぎた。

あんな思い切った?演奏を大舞台でできることも彼らの魅力のひとつなのかもしれないけれど、私としては疲れ切った体に燃料が欲しかったんだ。

次に見るときはもっとフラットな気持ちで観れると嬉しい。かっこいいバンドなのは知ってるんだよーーー。

 

溺れたエビの検死報告書@def garage

楽しみにしていたエビのライジングでのライブ!

眠すぎてテントで「あれエビじゃね?」みたいな話をテント仲間と繰り広げながらゴロゴロしてました…。

とてもいい意味でふざけた音で遊ぶように演奏するバンドのようで、くすっと笑えるかっこよさ。テントで聴いてこのくらい感想が出てくるってことは、ちゃんとステージを見たらどれだけ凄いのか。

 

フィッシュマンズ@SUN STAGE

念願だったフィッシュマンのライブの初めてがまさかライジングになるとは。

聴きたい曲がありすぎて、一瞬で終わってしまったことが悲しすぎたけれど、それと同時に聴きたかった曲しか演奏しなかったわけで(どれも聴きたい、というファン目線)嬉しい気持ちもいっぱいだった。

想像していたよりも勝井さんのヴァイオリンの音が主張していたような。

彼のヴァイオリンは大好きなのでさほど気にならないけれど。

UAの力強い魂のこもった声もいいけど、私は郁子さんのぼんやりした空気に溶けていくようなフィッシュマンズでの歌声が曲の雰囲気に似合っていて素敵だと思うんだ。

欣ちゃん(って友人との会話でも呼んだことないから書くのも恥ずかしいな…)のボーカルももちろん好き。今ある音ででも鳴らしてもらえて嬉しい。

 

なんだかんだオオトリのFISHMANSが一番ぐっときたかもしれないなー。

SEASONのとき「もうすぐ秋だね」って郁子さんが歌ってたっけ?

あそこで鳥肌が立ったんだよね。寒すぎて秋どころじゃないぜと少し思ったけど、夏の終わりを実感した瞬間で。

生きていてよかったなと思うわけなんですよね。

アンコールのチャンスのときには朝焼けからの朝日!昇ってる…!

嬉しすぎたね。ライジング、今年も最高だった。

 

次のライジングを楽しみに、また365日を私は生きるよ~