読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽。日常。ビール。2

好きな音楽や興味関心のあることについてだけ。

6/14(土)FUKUNE MUSIC FES@福地温泉

岐阜出身の友人に誘われ、フェス未経験の友人も引き連れて、飛騨高山の奥深くへ行ってきた。

フクネミュージックフェスという野外イベント。

 

大型フェスは大体参加したことがあるけど、こんなに地域性の高いフェスは初めてで、ほんとうに楽しかった!

 

観たもの、聴いたものは以下のとおり。

GAJAGAJA(ガヤガヤ)、TREKKIE TRAX、ZEN-LA-ROCK、長谷川健一、サイプレス上野、DAG FORCE、片想い、bonobos、Gotch。

 

どれもよかったけど、特にいいなと思ったのは、DJのSTAGEで観たゼンラロックとサ上かな。

予備知識ゼロで観たゼンラロックさんは盛り上げるのがうまい。そして一生懸命。

ステージでダンスするサイドの二人の好感度がとても高い。都内中心の活動と話していた気がするけど、人気なんだろな。

DJに苦手意識のある私でもおもしろいと思うくらいなんだから。

サ上は流石といった感じ。

あほになって踊ったほうが楽しいんだよねー。

煽られるがままに腕あげてゆらゆらして、陽が落ちつつある中でとても心地よかった。

 

そういえば、けっこう観たかったなつやすみバンドですが、彼らの演奏は泣く泣く我慢し、有名な温泉旅館、長座へ行き、昼間っから温泉に浸かっちゃった。

気持ち良すぎて極楽~。

その後観たのが上に書いたサ上で、それからLIVEのSTAGEを観たんだったはず。

はせけんさんは一曲だけ聴けたー。

ライブを観たのは初めてだったはず。ギターの音色がやさしかった。

 

片想いはお客を立たせ、巻き込み型なライブでこれまた最高に良かったー!

ちょっと落ち着いた感じの曲が多かった印象だけど、こういうのもいいなーと。

 

セットリストは

01 グッドエネルギーシンキングタイム

02 はぁとびぃと

03 tristeza de carnival

04 ひかりの中からこんにちわ

05 君の窓

06 踊る理由

07 踊れ!洗濯機

 

EN 山の方から来てくれればいいのに

 

セットリストはまたまた人様のものを拝借です。

踊る理由のときだけなつやすみバンドも交えた超大所帯だったのかな?

フクネで聴く山の方から~は、似合いすぎだったよ。

 

トリのボノボはthank you fo the music始まりで私たち大歓喜!

フェスが初めての私の友人、私が昔連れてったライブがボノボの出たライブで、そのときもこの曲でめちゃくちゃ盛り上がったんだよね。なつかしい。

知らない曲ばかりだったけれど、どれもこれも良すぎてなんで自分はボノボを通らずにここまで生きてきたんだろうと不思議に思った。

いいライブだったよーーー。ベースのねえさんかっこいい。

 

 オオトリのゴッチは知ってる曲もちょいちょいやってくれた。

 ソロだとこんな感じなんだー。

さすがに貫禄があり、ずっしりしてというか、声の通り方やたたずまいが他の方とちょっと異なっていて、これがゴッチかーとちょっとおかしな感じだった。

バンドでのライブも観たことあるんだけども。なんとなく。

ソロ曲も悪くないんだけど、一番心に残ったのは何といっても君の街まで(w/長谷川健一)。

アコースティックでも魅力的だった。ほんとうに大好きな曲。シンプルで心にまっすぐ届いた。嬉しかったなーーーーー。

 

そんな感じでライブはどのアクトも満足できたし、食べ物もこちらの地方でしか食べられないであろう飛騨牛の握りだったり獲れたて野菜だったり、どれもこれも美味しかった。

泊まった旅館も従業員さんは素敵でサービスよくて、嬉しいハプニングもあって。

忘れられないイベントになった。

来年もきっと行っちゃうんだろうな。

個人的にはライジングサンの次にFUKUNEが踊り出たよ。